お金持ちが愛用する高級ボールペンブランドまとめ【徹底調査】

i_お金持ちが愛用する高級ボールペンブランドまとめ【徹底調査】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ボールペンというのは誰にとっても身近で、親しみのある筆記用具の一つだと思います。

しかし、ボールペンの価格は100円程度のものから数万円、数十万円のものまで非常に差があり、「腕時計」や「革靴」と並んで、お金持ちを見分けるポイントとしてよく挙げられるアイテムです。

今回は、そんなお金持ちの愛用する高級ボールペンについて徹底調査し、記事にまとめてみました。お金持ちはなぜ高級なボールペンを買うのか?海外、日本の高級ボールペンブランドにはどのようなものがあるのか?等を中心に書いていきたいと思います。

もし、これから高級ボールペンの購入を考えている方がいましたら、この記事が少しでもお役に立てば嬉しいです。

目次

1.お金持ちが高級ボールペンを選ぶ理由

  • 1-1.高級ボールペンは強度が高く、一生使えるもの
  • 1-2.高級ボールペンは適度な重みがあり、書きやすい
  • 1-3.相手に信頼感を与えることができる

2.海外の高級ボールペンブランド

  • 2-1.MONTBLANC(モンブラン)
  • 2-2.PARKER(パーカー)
  • 2-3.Pelikan(ペリカン)
  • 2-4.DELTA(デルタ)
  • 2-5.Montegrappa(モンテグラッパ)
  • 2-6.TIBALDI(ティバルディ)
  • 2-7.CARAN d’ACHE(カランダッシュ)
  • 2-8.WATERMAN(ウォーターマン)
  • 2-9.ACME(アクメ)
  • 2-10.VISCONTI(ビスコンティ)
  • 2-11.CROSS(クロス)
  • 2-12.SHEAFFER(シェーファー)
  • 2-13.MARLEN(マーレン)
  • 2-14.FABER-CASTELL(ファーバーカステル)
  • 2-15.AURORA(アウロラ)
  • 2-16.OMAS(オマス)
  • 2-17.Fisher(フィッシャー)
  • 2-18.LAMMY(ラミー)
  • 2-19.Stipula(スティピュラ)
  • 2-20.Recife(レシーフ)
  • 2-21.STAEDTLER(ステッドラー)
  • 2-22.rotring(ロットリング)
  • 2-23.S.T.Dupont(エス・テー・デュポン)
  • 2-24.Cartier(カルティエ)
  • 2-25.SWAROVSKI(スワロフスキー)
  • 2-26.Dunhill(ダンヒル)
  • 2-27.Christian Dior(クリスチャン・ディオール)
  • 2-28.Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)
  • 2-29.Tiffany & Co.(ティファニー)
  • 2-30.PORCHE DESIGN(ポルシェデザイン)
  • 2-31.Waldmann(ヴァルドマン)
  • 2-32.DAKS(ダックス)
  • 2-33.Platignum(プラティグナム)
  • 2-34.YARD・O・LED(ヤード・オ・レッド)
  • 2-35.Conklin(コンクリン)
  • 2-36.TACCIA(タッチア)
  • 2-37.MONTEVERDE(モンテベルデ)
  • 2-38.LANVIN(ランバン)
  • 2-39.GIULIANO MAZZUOLI(ジュリアーノ・マッツォーリ)
  • 2-40.Krone(クローネ)

3.日本の高級ボールペンブランド

  • 3-1.ROMEO(ロメオ)
  • 3-2.PILOT(パイロット)
  • 3-3.セーラー万年筆
  • 3-4.プラチナ万年筆
  • 3-5.MIKIMOTO(ミキモト)
  • 3-6.ロングプロダクツ

4.まとめ

1.お金持ちが高級ボールペンを選ぶ理由

まずは、お金持ちがそもそも、なぜ高級ボールペンを選ぶのか?その理由について下記に簡単にまとめます。

 

<お金持ちが高級ボールペンを選ぶ理由>

  • 高級ボールペンは強度が高く、一生使えるから
  • 高級ボールペンは適度な重みがあり、書きやすいから
  • 高級ボールペンは相手に信頼感を与えることができるから

 

1-1.高級ボールペンは強度が高く、一生使えるもの

お金持ちは、ものを大事に長く使います。高級ボールペンは高価な分、強度が高い素材を使っていることが多く、耐久性に優れています。大事に使えば一生使えるそのようなものをお金持ちは好むのです。

1-2.高級ボールペンは適度な重みがあり、書きやすい

高級ボールペンは金属等強度の高い素材が用いられているため、適度な重みがあり、重心を取りながら書くことができるため非常に書きやすいものが多いです。このような機能性に優れている点もお金持ちが高級ボールペンを使う理由の一つです。

1-3.相手に信頼感を与えることができる

お金持ちは相手との信頼関係を重視します。そんな信頼感を相手に示すためにも、相手が話したことをメモに取るときや契約書にサインをするときに高級ボールペンを使用することで「書くということを大事にしている=相手とのこの時間を大事にしている」ということを表現し、一種のおもてなしによって相手に信頼感を伝えようとしているのです。

2.海外の高級ボールペンブランド

それでは、そんなお金持ちが愛用する高級ボールペンブランドについて、まずは海外の高級ボールペンブランドを紹介していきたいと思います。

2-1.MONTBLANC(モンブラン)

  • 創業年:1906年
  • 創業者:クラウス・ヨハネス、クリスティアン・ラウゼン、ヴィルヘルム・ジャンボア
  • 本社:スイス(リシュモングループ)創業の地はドイツ
  • 代表的なボールペン:マイスターシュテュック

高級ボールペンとはいばMONTBLANCと言われる「高級ボールペンの王者」です。創業当初の社名は「シンプロ・フィラーペン・カンパニー」でドイツの文具店の店主(クラウス・ヨハネス)と銀行家(クリスティアン・ラウゼン)、エンジニア(ヴィルヘルム・ジャンボア)の3人で創業されました。1934年社名をMONTBLANC(モンブラン)に変更。ホワイトスターと呼ばれる六角形のロゴマークはヨーロッパ最高峰の山、モンブランの山頂を覆う雪をイメージされており、万年筆のペン先にはモンブランの標高「4810」が刻まれています。ペンのボディに使われている「ブラック・プレシャス・レジン」と呼ばれるモンブラン社独自の樹脂は、配合内容等がトップシークレットとなっており、手によく馴染み、長時間の使用にも耐えるものとなっています。

2-2.PARKER(パーカー)

  • 創業年:1888年
  • 創業者: ジョージ・サッフォード・パーカー
  • 本社:フランス (アメリカのサンフォード傘下)
  • 代表的なボールペン:SONNET(ソネット)

英国王室御用達の高級筆記用具メーカー。「世界で最も愛されているペン」と言われるほどファンが多く、数多くの著名人や歴史的名場面でも使われてきました。有名なのは1945年に行われた太平洋戦争終結調印式においてマッカーサー総司令官が使ったことで有名です。「優れた筆記用具を作る」という哲学が大事にされており、フォルム、耐久性、書きやすさ等に対して、常に最新技術を反映し、進化をし続けています。

2-3.Pelikan(ペリカン)

 

“Writing is the painting of the voice.” – Voltaire #Pelikan #PelikanPen #FountainPen #BallPen #Souverän #Stresemann #Voltaire #Quote

Pelikan Internationalさん(@pelikan_international)が投稿した写真 –

  • 創業年:1832年
  • 創業者: カーネル・ホーフマン
  • 本社: スイス
  • 代表的なボールペン: Souveran(スーベレーン)

ペリカン社の始まりは、ドイツの化学者であるカーネル・ホーフマンが1832年に独自製法による絵の具の生産を開始したことが始まりです。1929年に筆記具の製造に着手し、モンブランやパーカーと並ぶ筆記具のトップブランドに成長しました。創業の地ドイツでの特に人気が強く売上の約50%をドイツで稼いでいます。また、多くの文豪が愛用していることでも有名です。

2-4.DELTA(デルタ)

  • 創業年:1982年
  • 創業者: ニノ・マリーノ、チロ・マトローネ、マリオ・ムセンテ
  • 本社:イタリア
  • 代表的なボールペン: ドルチェビータ

イタリアを代表する高級筆記具ブランドです。1994年イタリア、ナポリで開催されたG-7サミットの各国首脳の調印式で公式筆記具として使用されました。1982年に南イタリアのアルチザン(伝統職人)による最高水準の製品作りをめざして、南イタリアナポリ近郊パテレーテで創業し、今でも伝統職人による手作りにこだわり、世界に1本しかない筆記具づくりで高い評価を受けています。

2-5.Montegrappa(モンテグラッパ)

  • 創業年:1912年
  • 創業者:現在調査中
  • 本社:イタリア
  • 代表的なボールペン: リミテッド・エディション

1912年、イタリアベネト州のバッサノ・デル・グラッパで創業開始したイタリアの高級筆記具ブランド。この地域は昔から銀工芸品の生産が盛んで、その銀細工の技術が筆記具づくりにも活かされています。その美しく洗練された外観から「ライティング・ジュエル(筆記具の宝石)」と呼ばれるほどです。今でも熟練した職人により1本1本手作りで製作されています。多くの著名人が愛用していることも有名で、ジョルジオ・アルマーニ、ヘミングウェイ、アイルトン・セナ、ヘミングウェイ等が愛用。イタリアで最初に万年筆を製造した筆記具ブランドでもあります。

2-6.TIBALDI(ティバルディ)

  • 創業年:1916年
  • 創業者:ジュゼッペ・ティバルディ
  • 本社:イタリア
  • 代表的なボールペン:ベントレーコンチネンタル スリムライン

1916年にイタリアでジュゼッペ・ティバルディによって創業開始した高級筆記具ブランド。しばらくの間休眠状態にありましたが、モンテグラッパのオーナーが筆頭株主になり、2006年の映画ダヴィンチ・コード公式万年筆の発表と共に復活を遂げました。休眠前の筆記具はヴィンテージ筆記具として高値で取引をされており、高い評価を受けています。

2-7.CARAN d’ACHE(カランダッシュ)

 

Make a step into Caran d’Ache’s enchanted forest with the Spirit of Wildlife fountain pen. #CarandAche #SpiritofWildlife

Caran d’Acheさん(@caran_dache)が投稿した写真 –

  • 創業年:1924年
  • 創業者:アーノルド・シュバイツァー
  • 本社:スイス
  • 代表的なボールペン:ヘクサゴナル コレクション

1924年、スイスのジュネーブにおいて倒産した鉛筆会社を買収し創業開始した高級筆記具ブランド。スイス最大の筆記具メーカー。社名のカランダッシュとはロシア語で「鉛筆」を意味します。鉛筆から生まれた6角形のフォルムがカランダッシュのシンボルとなっています。1929年にシャープペンシルの前身であるフィックスペンを発売し、一気に世界に知られるブランドとなりました。筆記具は全て、スイス・ジュネーブの自社工場で生産しており、筆記具ボディには「Swiss Made」、もしくは「Geneva」の刻印が刻まれています。

2-8.WATERMAN(ウォーターマン)

  • 創業年:1883年
  • 創業者:ルイス・エドソン・ウォーターマン
  • 本社:フランス
  • 代表的なボールペン:Metropolitan(メトロポリタン)

1883年にアメリカで創業開始した世界で初めて万年筆を作った高級筆記具ブランドです。1926年にフランスのパリに本拠地を移し、1954年には、工場お全てフランスに移管しました。創業者のルイス・エドソン・ウォーターマンは元々アメリカのニューヨークで保険の外交員をしていましたが、ある大口契約の契約書サインの際に、ペンのインク漏れにより契約を逃すという苦い思いを経験し、その経験から万年筆を開発したと言われています。当時、毛細血管現象を応用したインクシステムを持った万年筆「ザ・レギュラー」の発売に世界中が驚きました。その後も万年筆に斬新なアイデアを組み込み、グリップ付きキャップやカートリッジインクは現在においても多くの万年筆に採用されています。また、フランスに拠点を移してから、有名なインダストリアルデザイナーのアラン・カレを専属デザイナーとして迎え入れ、デザイン性を高めることにもこだわっており、魅力的なデザインが現在でも非常に高い評価を受けています。ウォーターマンの理念は「優れた技術とデザインを融合させて、持つ人に表現する喜びを与える筆記具を提供すること」です。

2-9.ACME(アクメ)

  • 創業年:1985年
  • 創業者:エイドリアン・オラブエナガ
  • 本社:アメリカ
  • 代表的なボールペン:ボールペン コレクション

1985年にアメリカのロサンゼルスで創業開始し、現在はハワイのマウイ島を拠点として世界中に展開している高級筆記具ブランド。フランク・ロイド・ライトやマイケル・グレーブス、キース・ヘリングなどの世界中の建築家や芸術家、デザイナーとのコラボレーションを積極的にすすめており、今までに150名以上とのコラボレーションモデルが発売され、多くのファンを魅了しています。

2-10.VISCONTI(ビスコンティ)

  • 創業年:1988年
  • 創業者:ダンテ・デル・ベッキオ、ルイージ・ポリ
  • 本社:イタリア
  • 代表的なボールペン:クラシックコレクション

1988年にイタリア、フィレンツェに残る13世紀の王城に拠点を構え創業開始した高級筆記具ブランド。1920〜1950年代の万筆黄金時代の再現を命題に掲げ、古い素材の再現、昔ながらの伝統工法の活用をとそいてハンドメイドで万年筆作りを続けてきました。この姿勢に感銘を受けた熱烈なファンが多く、新作が出るたびに買い求めるコレクターが多い。「セレクチップローラーボール」と呼ばれる様々な替え芯を選択して

2-11.CROSS(クロス)

  • 創業年:1846年
  • 創業者:アロンゾ・タウンゼント・クロス
  • 本社:アメリカ
  • 代表的なボールペン:センチュリー シリーズ

1846年にアメリカのアイランド州で創業開始した高級筆記具ブランド。アメリカで最も古い歴史を持つブランドです。創業当時はペンシル用ホルダーを作っていましたが、シャープペンシルの先駆けとなった「繰り出し式ペンシル」やボールペンの原型となる「スタイログラフィックペン」等を開発し、筆記具のデザイン及びデザイン面においてアメリカで26つ、イギリスで7つの特許を取得し、筆記具業界に常に革命を起こしてきました。クロスの筆記具の特徴といえば、「コニカルトップ」と呼ばれるキャップや軸からペン先に流れるような流線型を描くフォルムです。また技術力について絶対的な自信を持っており、機構の故障に関しては永久保証が付いている点も特徴の一つです。近年ではアメリカのオバマ大統領が就任式で使用するなど、世界中の著名人も愛用するブランドです。

2-12.SHEAFFER(シェーファー)

  • 創業年:1913年
  • 創業者:ウォルター・A・シェーファー
  • 本社:アメリカ
  • 代表的なボールペン:ヴィエルアール

1913年にアメリカのアイオア州フォートマディソンで創業開始した高級筆記具ブランド。創業当初の社名は「W.A.シェーファー・ペン・カンパニー」。その当時、なかなか使いづらいとされていた自動吸引式万年筆を改良し、レバー充填式万年筆を開発したことにより大きく躍進を遂げました。さらに、その後も構造上の故障を永久保証する「ライフタイムペン」や「タッチダウン式」「スノーケル」等のインク吸引機能などの新たな筆記具の開発を続け、機能性が高く、高品質な筆記具を作り続けてきました。グリップの上部に描かれた白い点は、ブランド品質の保証「ホワイトドットマーク」で、1924年に創業者が品質検査を合格した証に用いていたものが、今でもデザインに反映されています。アメリカのリチャード・ニクソン大統領やロナルド・レーガン大統領等の歴代アメリカ大統領も愛用し、世界中から愛されるアメリカを代表する高級筆記具ブランドです。

2-13.MARLEN(マーレン)

  • 創業年:1980年頃
  • 創業者:マリオ・エスポジート、アントニオ・エスポジート
  • 本社:イタリア
  • 代表的なボールペン:モナムール コレクション

1980年頃にイタリアのナポリで創業開始した高級筆記具ブランド。社名は世界的に有名な女優・歌手のマレーネ・ディートリッヒに由来しています。「文字(言葉)の価値は時を超越する」をモットーに様々な遺跡や文化、美術品、建築物、偉人など歴史的な題材をベースとして高品質の筆記具作りを続けています。1本1本ハンドメイドで生産しており、細かな仕上げが大手メーカーとは大きな違いを生んでいます。

2-14.FABER-CASTELL(ファーバーカステル)

  • 創業年:1761年
  • 創業者:カスパー・ファーバー
  • 本社:ドイツ
  • 代表的なボールペン:GRAF VON FABER-CASTELL(伯爵コレクション)

1761年にドイツのニュルンベルグで創業開始した高級筆記具ブランド(世界で最も古い製造業の会社です)。世界で初めて鉛筆を作った会社として有名で、世界120カ国を超える国で愛されている画材と筆記具のリーディングカンパニー。ファーバーカステルが大きく躍進したのは4代目のローター・ファーバーの時代で、世界で初めてブランド鉛筆を発表し、信頼のある鉛筆作りを続けることで、会社のブランドを大きく向上させました。以後この鉛筆の長さや太さ、硬度等が鉛筆の世界的基準となりました。「当たり前のことを当たり前に行うことにより、特別なものが生まれる」というローター・ファーバーの言葉は今も企業理念として、脈々と受け継がれています。ファーバーカステルの筆記具の特徴は「使いやすさ」「書き心地」につきます。当たり前に使いやすく、当たり前に書きやすい、高い機能性を持った信頼性のある筆記具は、今までにヴィンセント・ヴァン・ゴッホやカール・ラガーフェルド等の著名な画家・デザイナー・文豪をはじめとする多くの愛用者を魅了し続けています。

2-15.AURORA(アウロラ)

  • 創業年:1919年
  • 創業者:イザイア・レヴィ
  • 本社:イタリア
  • 代表的なボールペン:スタイル シリーズ

1919年にイタリアのトリノでイタリア最初の筆記具メーカーとして創業開始した高級筆記具ブランド。アウロアという社名の意味は「黎明」。イタリアにおいて筆記具の歴史はこのブランドから始まったのです。ペン先からボディに至るすべてをイタリアの自社工場で生産し、まさにイタリアのペンの歴史が凝縮された筆記具ブランドと言えるでしょう。1930年代の「オプティマ」、1940年代の「88」、1970年代の「アスティル」「テッシー」は後世のペンのデザインに大きな影響を与えたと言われており、特に「アスティル」「テッシー」は筆記具として世界で初めてニューヨーク近代美術館(MOMA)に永久展示保存されています。

2-16.OMAS(オマス)

 

Omas Icon set 90 Years #omaspen #omas #90th #ogiva #360 #fpn #fpgeeks #penaddict #inkstagram #ink #madeinitaly #rare #notforsell #casadellastilografica

Casa della Stilograficaさん(@casadellastilografica)が投稿した写真 –

  • 創業年:1925年
  • 創業者:アルモンド・シモーニ
  • 本社:イタリア
  • 代表的なボールペン:ボローニャ

1925年にイタリア、ボローニャで創業開始した高級筆記具ブランド。医療用体温計をボディに内蔵したドクターズペンや、当時実現が困難と言われていた12面体にカットした筆記具の開発、二つのペン先を持つ筆記具、透明のインクホルダー等、驚くべき筆記具を開発し続けています。この「革新性」を軸とした創業者のアルモンド・シモーニのクラフトマンシップが今でも着々と受け継がれており、多くのファンを魅了しています。

2-17.Fisher(フィッシャー)

  • 創業年:1948年
  • 創業者:ポール・フィッシャー
  • 本社:アメリカ
  • 代表的なボールペン:アストロノート

1948年にアメリカで「フィッシャー・ペン・カンパニー」という社名で創業開始した高級筆記具ブランド。アポロ11号の月面着陸や様々なスペースミッションで宇宙飛行士が使用し、今でもNASAの全宇宙飛行士が使用していることで有名なフィッシャー社のスペースペン。窒素ガスがペン内部に封入されており、その圧力でインクをペン先に押し出すことで無重力状態や水中、極寒の中でもスムーズに書くことができる。写真等のツヤ面にも油性面にも書ける万能さも特長です。さらにインクの感想を防ぐことで100年以上保管できる、21世紀中ずっと使い続けられるボールペンもリリースしています。

2-18.LAMMY(ラミー)

  • 創業年:1930年
  • 創業者:カール・ヨーゼフ・ラミー
  • 本社:ドイツ
  • 代表的なボールペン:LAMY2000

1930年にドイツのハイデルベルグで創業開始をした高級筆記具ブランド。元々PARKER(パーカー)社の営業担当であった創業者がOrthos社を買収したことが始まりです。その創業者の息子マインフレート・ラミーが社長に就任した1962年以降、ラミー社は他者との差別化により、革新的な筆記具を開発し始めます。「機能によって形造られるデザイン」というブランドコンセプトを掲げ、万年筆「LAMY27」やボールペン「LAMY2000」をきっかけとして先進性の高い筆記具ブランドとしての地位を確立します。ラミー社は自社デザイナーだけではなく様々な分野のインダストリアルデザイナーとのジョイントプロジェクトによって筆記具を開発しています。そして、筆記具のほぼすべてをドイツ国内の自社工場で一貫して行っており、その体制が革新的で機能的な筆記具生産に繋がっており、数多くのデザイン賞を受賞しています。

2-19.Stipula(スティピュラ)

 

#stipula ambrosia Etruria #fountainpen #fpgeeks #celluloid

Eclectidbitsさん(@eclectidbits)が投稿した写真 –

  • 創業年:1973年
  • 創業者:レンゾ・サルバトーリ
  • 本社:イタリア
  • 代表的なボールペン:ヴェド ヌーダ

1973年にイタリアのフィレンツェで創業開始した高級筆記具ブランド。スティピュラとは「一片の藁」という意味を持つラテン語で、古代ローマ時代の論争に終止符を打つための同意書において、1本の藁を引き裂き相互に署名を行ったという故事に由来しています。最高の署名の道具として、書き味、触った感触、素材、重心のバランス等の多くのこだわりをハンドメイドで熟練職人が1本1本作り続けています。

2-20.Recife(レシーフ)

 

Roller Ball Pens by Récife #recifepen #oval #shopoval

ovalさん(@shop_oval)が投稿した写真 –

  • 創業年:1987年
  • 創業者:2人のフランス人デザイナー(現在詳細調査中)
  • 本社:フランス
  • 代表的なボールペン:トラベラーシリーズ

1987年に2人のフランス人デザイナーによってフランスのパリ郊外で創業開始した高級筆記具ブランド。今までのフランスに根付く保守的で伝統的な体質を否定し、斬新な筆記具作りにチャレンジしています。パリ郊外の森の中にある工場で職人により手作業で製作されており、この世に二つとして同じ模様がないマーブル模様が人気。

2-21.STAEDTLER(ステッドラー)

  • 創業年:1835年
  • 創業者:ヨハン・セバスチャン・ステッドラー
  • 本社:ドイツ
  • 代表的なボールペン:Elance(エランス)

1835年に産業革命の波を受け、ドイツのニュルンベルクで創業開始をした高級筆記具ブランド。残っている記録によると1660年頃にはステッドラー家ではフリードリッヒ・ステッドラーが鉛筆を開発し、家業として鉛筆を販売していたようです。彼は大工の職人組合に所属し、彼らが鉛筆の原型を作り上げたと言われています。製図用高級鉛筆や製図用芯ホルダーの製造で有名ですが、2013年には「ステッドラープレミマム」という高級筆記具の新ブランドを発表し、さらなる躍進を遂げています。

2-22.rotring(ロットリング)

 

Making a new use for the #rotring #rapidograph @kaputhandmade hand makes custom designed tattoo guns.

rOtringさん(@rotringofficial)が投稿した写真 –

  • 創業年:1931年
  • 創業者:ウィルヘルム・リープ
  • 本社:ドイツ
  • 代表的なボールペン:ラビットシリーズ

1931年、ドイツのハンブルグで創業開始した高級筆記具ブランドです。製図に用いる万年筆の製造・販売で有名です。製図の世界のプロフェッショナルから、常に一定量のインク、決してブレない線の書きっぷりから絶大の信頼を勝ち得ています。第二次世界大戦中に工場を焼失し、廃業に追い込まれますが、終戦後に2代目であるヘルムート・リープが見事に再興させ、至ります。その後CADシステムの普及等により、製図ペンの需要は減少してきていますが、今でも根強いファンからの厚い信頼とニーズを獲得しています。

2-23.S.T.Dupont(エス・テー・デュポン)

  • 創業年:1872年
  • 創業者:シモン・ティソ・デュポン
  • 本社:フランス
  • 代表的なボールペン:デフィペンコレクション

1872年にフランスでトラベルケースメーカーとして創業した高級筆記具ブランド。最初に筆記具を発表したのが1941年。1973年にボールペンを発表し、1989年には金銀細工技術を活かした今のコレクションが完成しました。職人たちの手によって150の工程、200項目以上の品質を経て作られる筆記具は「完成されたオブジェ」と讃えられ、その高品質さで多くのセレブを魅了し続けています。機構部はPelikan(ペリカン)社が作っています。

2-24.Cartier(カルティエ)

  • 創業年:1847年
  • 創業者:ルイ・フランソワ・カルティエ
  • 本社:フランス
  • 代表的なボールペン:ディアボロ ドゥ カルティエ

1847年にフランスのパリで、宝石細工メーカーとして創業開始した高級筆記具ブランド。筆記具としては1976年に万年筆「オーバルペン」を発表したのがきっかけです。「Jeweller of kings(王の宝石商)」と言われるブランドならではのラグジュアリーかつ気品のある筆記具は多くのセレビリティを魅了しています。機構部はMONTBLANC(モンブラン)社が作っています。

2-25.SWAROVSKI(スワロフスキー)

 

Office gem. Discover the #Swarovski Activity Tracking Jewelry at swarovski.com/stories

SWAROVSKIさん(@swarovski)が投稿した写真 –

  • 創業年:1895年
  • 創業者:ダニエル・スワロフスキー
  • 本社:オーストリア
  • 代表的なボールペン:Crystalline

1895年にオーストリアのチロル州でアクセサリーメーカーとして創業開始した高級筆記具ブランド。独自のクリスタルガラスの製造技術を活かし、アクセサリーや筆記具等を製造しています。ヴェルサイユ宮殿等のシャンデリアパーツも手がけていることで有名です。

2-26.Dunhill(ダンヒル)

  • 創業年:1880年
  • 創業者:アルフレッド・ダンヒル
  • 本社:イギリス
  • 代表的なボールペン:センチュリーマン

1880年にイギリスのロンドンで馬具製造メーカーとして創業開始した高級筆記具ブランド。1893年以降馬具以外の小物や衣類の製造も開始し、取り扱いアイテムの幅の広さから「車以外ならなんでもある」と言われるほどでした。Dunhill(ダンヒル)社の代表的な筆記具である「AD2000」は他社に先駆けてレーシングカー等に使われてきた軽量で硬度の高いカーボンファイバーが採用され、人気を集めました。

2-27.Christian Dior(クリスチャン・ディオール)

 

“Don’t trust words, trust actions” #DiorPen #DiorPencil

Sandra • Digital Girl • Genevaさん(@luxeday)が投稿した写真 –

  • 創業年:1946年
  • 創業者:クリスチャン・ディオール
  • 本社:フランス
  • 代表的なボールペン:S404シリーズ

1946年にフランスのパリでファッションブランドとして創業開始しました。

2-28.Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

  • 創業年:1854年
  • 創業者:ルイ・ヴィトン
  • 本社:フランス
  • 代表的なボールペン:グラン・トゥールシリーズ

1854年にフランスでスーツケースメーカーとして創業開始しました。

2-29.Tiffany & Co.(ティファニー)

  • 創業年:1837年
  • 創業者:チャールズ・ルイス・ティファニー、ジョン・B・ヤング
  • 本社:アメリカ
  • 代表的なボールペン:ティークリップシリーズ

1837年にアメリカのニューヨークで宝飾品および銀製品メーカーとして創業開始しました。

2-30.PORCHE DESIGN(ポルシェデザイン)

 

The technology of TecFlex: a writing tool that pulls together elastically when pushed. #porschedesign #technology

Porsche Designさん(@porschedesignofficial)が投稿した写真 –

  • 創業年: 1972年
  • 創業者: フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェ
  • 本社: ドイツ
  • 代表的なボールペン:テックフレックス

1972年にドイツのシュツットガルトに設立されたポルシェデザインスタジオが手がける高級筆記具。創業者は高級自動車メーカーのポルシェ様の創業者の孫で、ポルシェ911の設計デザインを手がけたフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェです。

2-31.Waldmann(ヴァルドマン)

  • 創業年:1918年
  • 創業者:アドルフ・ヴァルドマン
  • 本社:ドイツ
  • 代表的なボールペン: クリスタ

1918年にドイツのシュバルツバルトで創業開始した高級筆記具ブランド。銀含有率92.5%のスターリングシルバーを軸に仕上げられたボディーが銀メッキにはない独特な柔らかい風合いや、風格を漂わせています。世界で初めて2色ボールペン「エポック1958」を開発し、このツイスト式2色ボールペンやツイスト式多色鉛筆等で世界特許を取得しており、常に先進的な商品を世にリリースし続けています。

2-32.DAKS(ダックス)

  • 創業年:1894年
  • 創業者:シモン・シンプソン
  • 本社:イギリス
  • 代表的なボールペン:ハウスチェックシリーズ

1894年、イギリスのロンドンでテーラーとして創業開始。1956年にエジンバラ公、1962年にエリザベス女王、1982年にチャールズ皇太子の英国王室御用達(ロイヤルワラント)を授与されています。

2-33.Platignum(プラティグナム)

  • 創業年:1919年
  • 創業者:現在調査中
  • 本社:イギリス
  • 代表的なボールペン: スタジオシリーズ

1919年にイギリスで創業開始した高級筆記具ブランド。世界で初めてゴールドプレート(金ペン)のペン先が付いたインクを補充できる万年筆を開発しました。1925年には世界で初めてペン先が交換できる万年筆を開発、1939年には地図やコンパスを隠すことができる仕様の「スパイペン」なるものを開発しMOD(英国国防省)に採用されたこともあります。1962年には子供達のために「書き方ペン」という正しい書き方を体得しやすい仕様のペンを開発する等、イギリスの老舗筆記具ブランドとして、国民に寄り添い、国民に愛され続けています。

2-34.YARD・O・LED(ヤード・オ・レッド)

 

The Perfecta Range – With the Victorian Pencil and the Victorian Ballpen. #yardoled #luxurypen

Yard-O-Ledさん(@yardoled)が投稿した写真 –

  • 創業年:1882年
  • 創業者:サンプソン・モーダン
  • 本社:イギリス
  • 代表的なボールペン:ディプロマット

1882年にイギリスで創業開始した高級筆記具ブランド。1882年に創業者サンプソン・モーダンが繰り出し式ペンシルを発明し、1934年にレオポルド・フェデリック・プレンナーが「ヤード・オ・レッド・ペンシル」社を設立しました。社名は「1ヤードの芯」という意味で、3インチの芯を12本入れることができるペンシルメカニズムを開発し、特許を取得しています。YARD・O・LED(ヤード・オ・レッド)社の伝統は長年に渡る家族経営によって培われていて、19世紀に生み出した行程を今でもそのまま活かし高品質な銀製品としての高級筆記具を生み出し続けています。全ての商品が純銀で、英国の純銀基準に適合したものだけが受けられるホールマークが輝きます。

2-35.Conklin(コンクリン)

 

Feeling confident on this #finewritingfriday!

Vroman’s Bookstoreさん(@vromansbookstore)が投稿した写真 –

  • 創業年:1898年
  • 創業者:ロイ・コンクリン
  • 本社:アメリカ
  • 代表的なボールペン: オールアメリカンシリーズ

1898年にアメリカのオハイオ州で創業開始した高級筆記具ブランドです。世界で初めてインク自動吸入方式を開発し、特許を取得する等、アメリカの筆記具業界を牽引してきたブランドの一つです。しかし、大恐慌の影響を受けて、このConklin(コンクリン)社は1955年に一度幕を閉じることとなってしまいます。そのため日本ではConklin(コンクリン)社をなかなか知る人が少ないと思いますが、2000年に復活を果たし、素晴らしい筆記具を作り続けています。

2-36.TACCIA(タッチア)

  • 創業年:現在調査中
  • 創業者:ローズマリー・シュー・ジェン
  • 本社:アメリカ
  • 代表的なボールペン: スタッカートシリーズ

元々ファッションデザイナーだったローズマリー・シュー・ジェンがアメリカのカリフォルニア州で創業開始した高級筆記具ブランド。

2-37.MONTEVERDE(モンテベルデ)

  • 創業年:2001年
  • 創業者:グリーンバーグ
  • 本社:アメリカ
  • 代表的なボールペン:マウンテン・オブ・ザ・ワールドシリーズ

2001年にアメリカに本拠地を置くヤファ・ペン・カンパニーから2001年にデビューした高級筆記具ブランドです。ブランド名は創業者の名前「グリーンバーグ」をイタリア語で表現したものです。頭文字のMをかたどった山のロゴが目印。世代、性別、国籍を超えてあらゆる人々に使ってもらえる筆記具を目指し、スタイリッシュで機能的な筆記具を作り続けています

2-38.LANVIN(ランバン)

  • 創業年:1888年
  • 創業者:ジャンヌ・ランバン
  • 本社:フランス
  • 代表的なボールペン:JS1000シリーズ

1888年にフランスのフォーブル・サントノーレで開業したファッションブランド。創業当初は帽子店でしたが、子供服等を作りながら、徐々にモードファッションブランドとしての地位を確立していきます。1926年には紳士服部門を設立し、そこからメンズウェアやアクセサリー、ライフスタイルグッツ等も扱うようになり、今ではライフスタイル全般をサポートする高級ブランドになっています。創業者のジャンヌ・ランバンは女性で初めてレジヨン・ドヌール勲章を受賞しています。

2-39.GIULIANO MAZZUOLI(ジュリアーノ・マッツォーリ)

 

Cassia 264: 🇮🇹 unique style that brings us back to the forms of Italian Rationalism. The main material is always aluminum. The ergonomic handle and a refined style born but strict with the decoration on the cap to make a pen symbol of Italian style. 🌎 http://www.mazzuoli.it 🇮🇹 Cassia 264 è una penna italiana dallo stile inconfondibile che ci riporta alle forme del Razionalismo italiano. Il materiale principe è sempre l’alluminio. L’impugnatura ergonomica ed uno stile raffi nato ma rigoroso con la decorazione sul cappuccio a ne fanno una penna simbolo dello stile italiano. #summer #me #beautiful #love #photography #photooftheday #igers #vscocam #instalovers #instapic #tbt #bestoftheday #giulianomazzuolipens #pen #stencil #writer #drawing #cassia #penna #madeinitaly #madeintuscany #instadaily #montblanc #medieval #thegoodlife #goodmorning #instamood #instagramhub

@giulianomazzuolipensが投稿した写真 –

  • 創業年:2001年
  • 創業者:ジュリアーノ・マッツオーリ
  • 本社:イタリア
  • 代表的なボールペン:オフィチーナ・ミニ

1953年にイタリアでジュリア〜ノ・マッツオーリの父親が紙製品を製作する会社を設立し、その後、ジュリアーノ・マッツオーリが事業を引き継ぎ、2001年にボールペン「Moka」を発表しました。イタリア・CLASS誌による現代の「イタリアデザイナー100人」に選出されています。

2-40.Krone(クローネ)

  • 創業年:1997年
  • 創業者:ロバート・クローネンバーガー
  • 本社:アメリカ
  • 代表的なボールペン:リミッテッドエディションシリーズ

1997年にアメリカのイリノイ州で設立された筆記具販売商社が展開する高級筆記具ブランドです。Krone(クローネ)社のオーナーであるロバート・クローネンバーガーは3つの会社を経営する実業家で、自身も世界中の高級筆記具のコレクターです。そのコレクターならではのこだわりを反映した高級万年筆シリーズが世界中のコレクターを虜にしています。最初の限定万年筆「エイブラハム・リンカーン」ではキャップ頭部に第16代アメリカ大統領リンカーンの毛髪から取ったDNAを封入したり、限定万年筆「シェイクスピア」ではシェイクスピアの家の庭に植えられた桑の木の小片を埋め込んだりしています。樹脂製の筆記具の一部はイタリアのMARLEN(マーレン)社が手掛けています。

3.日本の高級ボールペンブランド

次は日本の高級ボールペンブランドについてご紹介していきたいと思います。

3-1.ROMEO(ロメオ)

  • 創業年:1904年
  • 創業者:伊東勝太郎
  • 本社:日本
  • 代表的なボールペン:ROMEO No.3ボールペン

1904年に日本の東京銀座で文房具店「伊東屋」として創業開始した高級筆記具ブランドです。1914年に伊東屋オリジナルの万年筆「ROMEO」を発売開始。高い品質、高級感のあるデザインと共に長時間の筆記にも耐えうる機能性を兼ね備えた筆記具を世に送り出し続けています。

3-2.PILOT(パイロット)

  • 創業年:1918年
  • 創業者:並木良輔、和田正雄
  • 本社:日本
  • 代表的なボールペン:カスタム74

1918年に日本で「並木製作所」として創業開始した高級筆記具ブランドです。1938年にはパイロット萬年筆株式会社と社名を変更し、現在では日本の筆記具業界を牽引しています。ちなみに、パイロットという社名は「水先案内人」という意味があり、社章の浮き輪のマークには「どんな荒波にも浮沈であれ」というスローガンが表現されています。日本独自の蒔絵万年筆を実現した「ラッカナイト製法」を1925年に生み出し、1963年には世界初のキャップ無し万年筆を開発、1965年には0.5mmの細字ボールペンを開発するなど、革新的な筆記具作りを進める日本の一流筆記具ブランドから目が離せない。

3-3.セーラー万年筆

  • 創業年:1911年
  • 創業者:阪田久五郎
  • 本社:日本
  • 代表的なボールペン:プロフェッショナルギア

1911年に日本の広島にて創業開始した高級筆記具ブランド。1948年にボールペンを開発し、1958年にはカートリッジ式万年筆を発売し特許を取得しています。その後、ミニ万年筆やふでペン、カラフルな万年筆「キャンディ」など多くのヒット商品を生み出し続けています。伝統的な部分と斬新で先進的な部分を合わせて追求してきた高級筆記具ブランドと言えます。

3-4.プラチナ万年筆

  • 創業年:1919年
  • 創業者:中山俊一
  • 本社:日本
  • 代表的なボールペン:センチュリー シリーズ

1919年に日本の岡山で輸入万年筆店を営んでいた中山俊一が創業開始した高級筆記具ブランドです。輸出販売やカタログによる通信販売により成功を収めました。1942年に「プラチナ萬年筆」に社名を変更。加賀の職人による蒔絵万年筆や天然記念物である屋久杉を用いた筆記具を製作するなど、材質にもこだわった筆記具作りで評価されています。

3-5.MIKIMOTO(ミキモト)

 

Playing with my new toys, thanks @zsinnie for the #nailfoils. #Mikimoto #mikimotopen #ballpointpen #Europe #drawing

Miss Leeさん(@mizzzlee_art)が投稿した写真 –

  • 創業年:1899年
  • 創業者:御木本幸吉
  • 本社:日本
  • 代表的なボールペン:マーキスシェル

1899年に日本の銀座において真珠店をオープンさせた宝飾品ブランドです。1905年に世界で初めて真珠の養殖に成功し、海外での販売も積極的に行ったためパリで「模造品なのではないか?」という疑惑がかけられました(パリ真珠裁判)。しかし、この裁判に勝利後は、養殖真珠が世界中に広まり、「ミキモトパール」は世界中に知れ渡りました。

3-6.ロングプロダクツ

  • 創業年:1949年
  • 創業者:藤本秀一
  • 本社:日本
  • 代表的なボールペン:アセテート ペントオリジナルシリーズ

1949年に日本の大阪で「不二ゼット万年筆株式会社」として創業開始した高級筆記具ブランド。rotring(ロットリング)社のニードルペンをヒントにしたペン先のない万年筆「ゼットペン」等が代表作。

4.まとめ

今回は、お金持ちの愛用する高級ボールペンブランドについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?今回、高級ボールペンブランドについて徹底調査してみて感じたことは、この100〜200年の間、ペンの基本的な形はほとんど変わっていないにも関わらず、各ブランドが独自にその内部に盛り込まれた技術を常に向上させながら、様々な素材を活用して一歩ずつ自分のブランドのポリシーを積み上げてきた歴史がそれぞれのブランドの風格となり、多種多様なボールペンを生み出しているということを実感しました。各ブランドの歴史やポリシーを理解した上で、自分の生き方にあった一生もののボールペンをあなたも選んでいてはいかがでしょうか?

また、別記事「お金持ちが身につける高級腕時計まとめ【徹底調査】」ではお金持ちが愛用する高級時計を、別記事「お金持ちが履きこなす高級靴23選【徹底調査】」ではお金持ちが愛用する高級靴について徹底調査してまとめてみますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。